2018年5月17日木曜日

仮想マシンやVHDブートのOSイメージを作成するSysprepの使い方

仮想マシンやVHDブートの基になるOSイメージを作成するためのコマンド

cd %SystemRoot%\System32\sysprep
sysprep  /oobe  /generalize  /quit


/mode:vm(GUIからは利用できない。)
このオプションを指定したOSイメージは、初回起動時にハードウェアのチェックが省略され、初回の起動時間が短縮される。ただし、同じ構成のハードウェアで起動する必要がある。

このコマンドだけで、OSイメージを作成した場合、Sysprepを実行するユーザーが消せないため、OSイメージには不要なユーザーが残ってしまう。このユーザーを消すためには、システム監査モードに入って削除する必要がある。

システム監査モードのメリット

  • OS起動時に作成したOSイメージには不要なユーザーを削除できる。
  • sysprep済のイメージに対する追加の変更が容易になる。(監査モードに入らないとイメージ起動時にようこそ画面以降の処理が実行され、変更後のOOBEで再度削除する処理が必要になり、不要なアカウントも増える。)

システム監査モードの特徴

  • システム監査モードはOOBE(ようこそ画面)の直前で実行されるモードである。
  • 監査モードになると、再起動しても監査モードのままとなるため、監査モードを終了するには、sysprepでOOBEモードへ移行する。
  • 監査モード中はAdministratorアカウントで自動ログインされる。


システム監査モード中の注意点

  • 監査モード終了後はAdministratorのユーザープロファイル(ドキュメントやデスクトップ)が削除される。(監査モード中の再起動では削除されない。)
  • 監査モード中にいったんログオフ状態になると、再度ログオンできなくなる。その場合は、OSを再起動すると自動ログインされる。
  • ドメインに参加していても解除され、常にワークグループになる。


システム監査モードへ入る方法

OSセットアップ済の状態
Sysprep /audit(システム監査モード)オプションで、システム監査モードに移行する。

OS新規インストール中
最終段階のユーザー名を入力する画面でCtrl+Shift+F3」を押下する。

sysprepで生成したイメージを起動直後
ようこそ画面で「Ctrl+Shift+F3」を押下する。


参考

監査モードで環境複製用のマスターイメージをカスタマイズする(Windows 7/Server 2008 R2編)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1112/02/news132.html

sysprepで環境複製用のマスターイメージを作成する(Windows 7/8編)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1307/12/news062.html